HAL Pharmacy

コタロー 桔梗石膏 エキス細粒

  • コタロー 桔梗石膏 エキス細粒

    小太郎製薬:コタロー 桔梗石膏 エキス細粒

  • 桔梗石膏

    桔梗石膏が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

去痰、排膿、扁桃炎、扁桃周囲炎、咳嗽、化膿

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ コタロー 桔梗石膏 エキス細粒のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0957 42包(2週間分) 2,633円(税込)
数量
k0958 231包(11週間分) 13,202円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【桔梗石膏の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈夏の疲れでかぜ症状に〉

治例図 かぜといえば葛根湯ですが、もともとは冬のインフルエンザなどの流感に用いられるもので、葛根湯が四季折々のかぜすべてに使えるかというと、そうはいきません。
秋の初め、夏の疲れが出てきてかぜのような症状になったとき、いわゆるひきかぜは、胃腸の調子を整えることが大切で、補中益気湯でよくなることもしばしばです。
そのほか、この時期の感冒に、柴胡桂枝乾姜湯や桂枝湯合苓桂朮甘湯、五積散などをよく用います。
もちろん、咽痛があれば桔梗石膏を加えたりします。
かぜ=葛根湯に縛られることなく対処していきたいものですね。

・現代病名:感冒

区切り線

2〈夏かぜで発熱、頭痛、喉痛〉

治例図 59歳、女性です。
発症:7月4日。来店:7月5日 症状と諸条件:発熱38℃、頭痛、のどの痛み、無汗、悪寒少しあり、筋肉の緊張なし。体力中間、顔色白い、舌苔なく白っぽい。
7月5日、太陽病の虚実、麻黄湯と桂枝湯の中間と考え、桂麻各半湯3日分を服用願う。
7月7日、頭痛、悪寒なくなる、のどの痛みと咳になる、少し熱感あり。小柴胡湯液6本、桔梗石膏3日分を服用願う。
7月10日、のどの痛みつづき、午後熱感が出る、咳は楽になる。
柴胡桂枝湯合排膿散及湯3日分を服用願う。以上で症状が改善された。

・現代病名:感冒

区切り線

3〈腹痛を伴うかぜ〉

治例図 何年か前の11月でしたが、下痢を伴うかぜが多く、とにかく五苓散を、西洋薬にも漢方薬にも合方しました。例えば、葛根湯合五苓散、柴胡桂枝湯合五苓散です。

12月始めは、腹痛を伴う胃腸かぜが多かったので、柴胡桂枝湯またはかぜ薬6号が大活躍です。患者さんは、かぜとは考えておらず、腹痛の薬を買いに来る場合も多いので、こちらは、「何か悪いもの食べませんでしたか」「食べ過ぎませんでしたか」「下痢や便秘はしていませんか」「風邪の症状はあ りませんか」「体は疲れていませんか」と、とにかくお聞きします。

悪いものも食べておらず、食事も食べ過ぎておらず、かぜの症状もちょっとかぜかな、といった程度で鼻水があるくらいです。でも、腹痛があって体は疲れ気味といった人には、柴胡桂枝湯を差し上げます。頭痛、発熱等かぜの症状がはっきりしていたら、かぜ薬6号の出番です。

12月後半から年明けにかけては、喉痛のかぜと咳が多くなりました。私は、喉痛にはとにかく桔梗石膏を他のかぜ薬にプラスします。(口渇があったら絶対と言っていいほど、効くように思います。)喉に疾がからむものが多く、これには麦門冬湯をお湯に溶かしてお茶代わりにゆっくり飲んでもらいます。おばあちゃんの咳にはおすすめです。

・現代病名:感冒

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

桔梗石膏

八法清法:熱邪を清解することにより裏熱を消除する治法です。

【中薬大分類】清熱剤…熱を除去する方剤です。清熱・瀉火・解毒・透熱滋陰などの効能により裏熱を改善する方剤です。

【中薬中分類】清気分熱剤…熱性の感冒や熱病の中期に用いる方剤です。熱邪が気分にあって高熱・つよい口渇・多汗・舌苔が黄・脈が洪大滑数の場合や、病後の余熱未清に適用します。

八綱分類表熱実(ひょうねつじつ) 表 熱 熱 実 …証(体質・症状)が、表証(急性期)、熱証(炎症)、実証(比較的体力充実)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
熱盛・熱毒(ねつせい・ねつどく)…消炎・鎮咳・去痰・咽痛の解除・排膿などを目的に使用します。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】肺胃熱(はいいねつ)

【中医学効能(治法)】 清熱解毒・瀉火

【用語の説明】(term)

リンク清熱解毒法(せいねつげどくほう) »…寒涼性の生薬を用い、熱毒の邪、発赤・腫脹・化膿・高熱を治します。

リンク熱毒(ねつどく) »…熱の勢いが強く、発赤、腫脹、化膿、高熱などを引き起こします。

リンク瀉火(しゃか) »…熱の過剰な状態を改善することです。


診断のポイント

【ポイント参照】

●熱症状がある。
●化膿の傾向がある。
●咳嗽がある。
●咽が痛い。


このページのトップへ

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日6.0gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

桔梗石膏の構成生薬は、桔梗と石膏の2種類です。桔梗には痰や膿を排出する働きがあります。石膏は硫酸カルシウムを主成分とする天然の石で、熱や炎症をひく強い作用があるといわれます。
桔梗(キキョウ)…3g
石膏(セッコウ)…30g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
石膏  桔梗 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈細粒剤〉

散剤 散剤…粉末、あるいは細かい粒(微粒、細粒)の薬で、溶けやすく吸収されや すいのが特徴です。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

製薬会社・電話

備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
●桔梗石膏は、去痰、排膿などの目的で、咽喉(のど)・鼻・耳などの急性・慢性炎症や化膿症に単独でも用いられますが、他の漢方処方に加味して用いることもできます。

ハル薬局 このページのトップへ