HAL Pharmacy

コタロー 柴胡清肝湯 エキス細粒

  • コタロー 柴胡清肝湯 エキス細粒

    小太郎製薬:コタロー 柴胡清肝湯 エキス細粒

  • 柴胡清肝湯

    柴胡清肝湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

湿疹、慢性扁桃腺炎、小児の神経症、虚弱者、小児腺病質者、慢性胃腸病、貧血、頸部リンパ腺炎、肺門リンパ腺炎、扁桃腺肥大神経質、不眠、夜泣き、偏食、るいれき、アデノイド、皮膚病、咽頭炎、微熱、疳症、麻疹後の不調和、肋膜炎、喘息。

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ コタロー 柴胡清肝湯 エキス細粒のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k2183 2.5g×42包(2週間分) 6,122円(税込)
数量
k2184 2.5g×168包(56日分) 20,799円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【柴胡清肝湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈口内潰瘍〉

治例図 15歳の男児。

舌の下面に指頭大の潰瘍があって、慶漏して陥没し、周囲は紫色に腫脹している。いかにも癌の潰瘍面のように見える。半年近くも専門の治療をうけているが治らない。

脈は緊で、腹部は充実し、肝臓部が堅く触れ、口中粘り、口臭がひどい。食欲はあるが、潰瘍のため摂取困難である。

体質的に柴胡清肝散を与えたところ、3ヵ月でほとんど治った。

・現代病名:口内潰瘍

区切り線

2〈精薄児〉

治例図 7歳の女児。

精薄児として学園に入り、2ヵ月後に性格異常児として精神病院に入院させられた。鎮静剤の多用によりかえって病状が悪化し、大小便はたれ流し、よだれは流れるにまかせ、眼光呆然として、この世の人とも思われぬ状態であった。

体格栄養とも不良で、気分落ちつかず、不眠と食欲不振、下痢2~3回、診察しようとすると手足を振り動かし、首を振り、身をもがき、唾を吐いて診ることができない。辛うじて腹を診ると硬い。

体質的に柴胡清肝散を与えたところ、1ヵ月後より効果顕著で、その後母親の手紙によると普通の児よりも可愛くなり、利口そうになって、服薬前のことを思うと夢のようであるといってきた。

・現代病名:精薄児

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク肝気鬱結(肝気鬱滞) »
リンク肝胆湿熱 »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

柴胡清肝湯

八法清法:熱邪を清解することにより裏熱を消除する治法です。

【中薬大分類】清熱剤…熱を除去する方剤です。清熱・瀉火・解毒・透熱滋陰などの効能により裏熱を改善する方剤です。

【中薬中分類】清熱解毒剤…熱毒を解毒する方剤です。

八綱分類裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症)、血虚(血流不足・貧血症状)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
血虚の熱毒・熱盛・血熱・湿熱血虚の熱毒・熱盛・血熱・湿熱(けつきょのねつどく・ねつせい・けつねつ・しつねつ)…温清飲を基本に、温清飲と同様に血虚の実熱に適します。柴胡・連翹・薄荷などの去風の薬物の配合があることは、皮膚・体表部への効果を強める目的で、薄荷・桔梗・川芎などは上部に働かせる目的と考えてもよいです。すなわち、どちらかといえば体の上部・表面での清熱が主体となります。また、温清飲に連翹の化膿抑制・柴胡の消炎・薄荷の止痒・桔梗の排膿の作用が加わり、清熱解毒・排膿・止痒が強められていることがわかります。温清飲と同様に、血虚がベースにある場合、舌質は淡であることが多く、紅舌を目標にする必要はありません。
柴胡清肝湯では、以上の効能のうえに牛蒡子の清熱解毒と天花粉の生津の効能が加わり、化膿性炎症への効果が強められ、乾燥傾向への歯止めが配慮されています。一般には、耳・鼻・咽・気管・皮膚などの反復性・慢性の炎症によく用いられます。小児は炎症にともなって脱水をきたしやすいので、天花粉の配合された本方をよく使用しますが、成人・老人にももちろん利用してよいです。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】肝湿風熱(かんしつふうねつ)

【中医学効能(治法)】 清肝瀉火・去淡止咳・清熱化湿

【用語の説明】(term)

リンク清肝(せいかん) »…肝の機能亢進状態を改善することです。

リンク瀉火(しゃか) »…熱の過剰な状態を改善することです。

リンク止咳(しがい) »…咳を止めることです。

リンク清熱化湿法(せいねつけしつほう) »…寒涼性の生薬を用い、湿や熱邪、発熱・嘔吐・下痢・尿不利・腹脹を治します。

リンク血虚(けっきょ) »…体を栄養する血が不足した状態です。貧血などで栄養成分が不足した状態です。顔色不良、口舌が淡白、爪・毛髪につやがない、ふらつき、視力減退などがあります。

リンク熱毒(ねつどく) »…熱の勢いが強く、発赤、腫脹、化膿、高熱などを引き起こします。


診断のポイント

【ポイント参照】

●癇が強い、虚弱
●頸部や顎下に淋巴節腫大(扁桃腺、アデノイド等)
●腹直筋緊張、くすぐったがり


このページのトップへ

舌 診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 通常、成人1日9.0gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

本剤9.0g中
日局トウキ1.5g…
日局シャクヤク…1.5g
日局センキュウ…1.5g
日局ジオウ…1.5g
日局レンギョウ…1.5g
日局キキョウ…1.5g
日局ゴボウシ…1.5g
日局カロコン…1.5g
日局ハッカ…1.5g
日局カンゾウ…1.5g
日局オウレン…1.5g
日局オウゴン…1.5g
日局オウバク…1.5g
日局サンシシ…1.5g
日局サイコ…2.0g
上記の混合生薬より抽出した柴胡清肝湯の水製乾燥エキス5.7gを含有する。
添加物:ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有する。

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
柴胡  黄芩  黄柏  黄連  瓜呂根  甘草  桔梗  山梔子  熟地黄  芍薬  川芎  当帰  薄荷  連翹  牛蒡子 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈散剤〉

散剤 散剤…粉末、あるいは細かい粒(微粒、細粒)の薬で、溶けやすく吸収されや すいのが特徴です。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

慎重投与
(次の患者には慎重に投与すること)
1.著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢等があらわれることがある。]
2.食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
重要な基本的注意
1.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。
2.本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止すること。
3.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【柴胡清肝湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク小柴胡湯 » …胸脇苦満が著明な場合に用いる。本方は腹直筋緊張。(胸脇苦溝の腹証)

 
 

リンク小建中湯 » …身体が虚弱で腹壁の筋肉がうすく、腹直筋の緊張が顕著で、腹が痛むような場合に用いる。(虚労裏急、腹皮拘急の腹証)

 
 

リンク柴胡桂枝湯 » …腹直筋の緊張が強く、かつ胸脇苦満があり、しばしば腹痛を訴える場合に用いる。(心下支結の腹証)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

ハル薬局 このページのトップへ